膣のゆるみやデリケートな悩み|知って得する改善法

体

方法と治療をする利点

笑顔

何らかの理由で処女膜を失った場合に使えるのは再生治療です。美容外科といった専門機関で受けることができるので、処女膜再生治療を検討しているならチェックしてみましょう。方法はプチ処女膜再生と縫合手術、そしてレーザーを使う方法になります。それぞれ治療法にメリットとデメリットがありますので、病院で治療をする前の情報として取り入れていきましょう。尚、処女膜再生治療をしたことで得られるメリットもあるため、受けて損することはありません。実際、高齢の方も治療をする傾向がありますから、別に恥ずかしいことではないのです。

プチ処女膜再生の場合は、避けてしまった処女膜を細い糸でつなぎ合わせる方法です。これは性行為等で破壊された時に適用されるもので、出血を伴うものになります。相談の中には望んでいない性行為で処女膜を失うことがあり、女性としての自信がなくなるケースがあります。しかし、性行為をした時の出血できるような治療を施すことでコンプレックスを解消でき、精神的に救われることもあるのです。ただ、完全に処女膜再生ができると言えないため、長期間の持続が難しくなります。ですからプチ処女膜再生をした場合は、一週間以内に性行為を済ませてしまいましょう。また避けてしまった箇所に行なう縫合手術も効果的な治療法です。元の形に戻せる確立が高くなる上に術後二週間以上経過していれば問題なく性行為が出来ます。レーザーも避けた膜を光を当てることで改善させるため、手頃な方法として人気があります。